ティム・ロス、昔送った手紙が縁で巨匠コッポラ作品に主演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年7月9日 > ティム・ロス、昔送った手紙が縁で巨匠コッポラ作品に主演
メニュー

ティム・ロス、昔送った手紙が縁で巨匠コッポラ作品に主演

2007年7月9日 12:00

[映画.com ニュース] フランシス・フォード・コッポラ監督の第2次大戦期のヨーロッパを舞台にしたラブストーリー「Youth without Youth」がこのほどクランクアップ。ティム・ロス(「海の上のピアニスト」)が同作に主演するチャンスをつかんだのは、彼が巨匠へ送った一通の手紙だったという。

俳優を夢を見るティーンエイジャーだったロスは、4人の尊敬する映画作家に役をもらえないかと手紙を送ったという。「17歳か18歳の頃、どうやったら映画の役にありつけるか見当もつかなかった僕は、映画監督へ手紙を書くことに決め、(スタンリー・)キューブリック、(マーティン・)スコセッシ、(フランソワ・)トリュフォー、コッポラに送ったんだ。“親愛なるコッポラ様、あなたの映画を心から愛しています。もしイギリス人俳優をお求めなら、あなた好みに演じてみせます”とね」とロス。

数年後、コッポラ監督が企画を進めていたジャック・ケルアック原作の「路上」にロスが配役されたのは、その手紙をコッポラが思い返したおかげだった。「彼が“見せたい物がある”と言って取り出したのは信じられるかい? 僕の手紙だった。想い続けることが全てなんだね」とロスは振り返る。「路上」の企画はあいにく流れたが、コッポラ監督は今度の新作で再びロスを呼んだのだった。

なお、「Youth without Youth」は10月の第2回ローマ映画祭でプレミア上映される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi