「007」監督が、「あるいは裏切りという名の犬」をリメイク : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年6月15日 > 「007」監督が、「あるいは裏切りという名の犬」をリメイク
メニュー

「007」監督が、「あるいは裏切りという名の犬」をリメイク

2007年6月15日 12:00

若手俳優に方向転換で、どうなる?「あるいは裏切りという名の犬」

若手俳優に方向転換で、どうなる?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「007/カジノ・ロワイヤル」で株を上げたマーティン・キャンベル監督のさらなる新作が決定した。20世紀フォックスによるサスペンス映画「Unstoppable」(09年全米公開予定)の製作を発表したばかりのキャンベル監督だが、今度はパラマウントが進めていたフランス映画「あるいは裏切りという名の犬」(04)のリメイク版のメガホンも取ることが明らかになった。

オリジナル版は、元警官のオリビエ・マルシャル監督が実話をベースに映画化した刑事ドラマ。パリ警視庁でライバル関係にある警視レオ(ダニエル・オートゥイユ)とドニ(ジェラール・ドパルデュー)――1人の女性を奪い合った過去を持つ、かつて親友だった2人の男が、次期長官の座をめぐって火花を散らすという物語だ。

リメイク版は、ディーン・ジョーガリス(「トゥームレイダー2」「ペイチェック」)が脚本を担当し、ロバート・デ・ニーロが製作・出演、マーク・フォスター監督(「チョコレート」「主人公は僕だった」)がメガホンを握る予定だったが、主役の刑事2人の年齢設定を30代に引き下げることになり、キャスト・スタッフが大幅に入れ替わった模様。現在、リチャード・プライス(「身代金」「シー・オブ・ラブ」)が脚本のリライトを行っているという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi