S・スピルバーグ監督がヒラリー・クリントンを支持 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年6月15日 > S・スピルバーグ監督がヒラリー・クリントンを支持
メニュー

S・スピルバーグ監督がヒラリー・クリントンを支持

2007年6月15日 12:00

ヒラリー支持!

ヒラリー支持!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 08年の大統領選挙に向けて、米民主党のヒラリー・クリントン上院議員とバラク・オバマ上院議員が激しい争いを繰り広げる中、スティーブン・スピルバーグ監督がヒラリー・クリントン支持を発表した。

スピルバーグ監督は、ドリームワークスの共同経営者であるデビッド・ゲフィンジェフリー・カッツェンバーグらとともに、かつてビル・クリントン大統領の支持者であったことで知られているが、ゲフィン、カッツェンバーグの両氏がオバマ支持に回ったため、スピルバーグ監督も乗り換えたものと見られていた。しかし、スピルバーグ監督は「ヒラリー・クリントンこそ、我々の指導者として最もふさわしい候補である」と声明を発表。「ヒラリーは強力な指導者であり、世界的に尊敬されている。大統領になった暁には、アメリカを立ち直らせ、世界での威信を取り戻し、国内の安全を保証してくれるだろう」と語っている。

なお、アメリカで最も影響力のある有名TV司会者、オプラ・ウィンフリーはオバマ支持を表明している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi