キャメロン&紀香の日米フィオナ姫が華麗な2ショット「シュレック3」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年5月29日 > キャメロン&紀香の日米フィオナ姫が華麗な2ショット「シュレック3」
メニュー

キャメロン&紀香の日米フィオナ姫が華麗な2ショット「シュレック3」

2007年5月29日 12:00

それにしても足の長い2人 (左から)キャメロン・ディアス、藤原紀香「シュレック」

それにしても足の長い2人
(左から)キャメロン・ディアス、藤原紀香
[拡大画像]

5月18日に全米公開された「シュレック3」は、オープニング興収歴代第3位、アニメーション作品としては歴代第1位という記録的なスタートを飾った。日本公開を約1カ月後に控えた5月28日、キャメロン・ディアス(声優)、クリス・ミラー(監督)、アーロン・ワーナー(製作)、ジェフリー・カッツェンバーグ(ドリームワークス・アニメーションCEO)が来日を果たし、東京・新宿のパークハイアットにて記者会見を行った。

シリーズ3作目で描かれるテーマは“世継ぎ問題”。フィオナ姫(声:キャメロン)の父から次期王に指名されたシュレック(声:マイク・マイヤーズ)が、実はもう1人存在するという後継者・アーサー(声:ジャスティン・ティンバーレイク)を探して旅に出ることに。しかしその留守中、チャーミング王子を筆頭とする悪役たちが王国で反乱を起こす……。今回、フィオナ姫はお腹にシュレックとの子供を宿しており、演じたキャメロンに3作目で母となった感想を聞くと、「フィオナの妊娠は私もすごく驚いた。しかもたくさん赤ちゃんが生まれるのよ。今回のストーリーはエキサイティングだったわ」と話す。

ところが、記者から「シュレック」シリーズの持ち味であるブラックユーモアの要素が減ったのではと指摘される場面も。これを受けたカッツェンバーグCEOは、「シュレックは3作品を通して成長していったんだ。1作目で彼は自分を愛することを覚え、2作目では他人を愛することを知り、3作目で王国や家族のために責任を持つことを学んだ。これは私たちが意図的に変えたのではなく、シュレックが自然に変わっていったんだ」とやんわりと弁明した。

会見の最後には、日本語吹替版でフィオナ役を演じる藤原紀香が花束贈呈に駆けつけ、日米のフィオナ姫が揃って、ゴージャスな2ショット写真に収まった。

シュレック3」は6月30日よりロードショー。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi