チャン・ツィイー「女帝/エンペラー」での新たな挑戦とは? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年5月29日 > チャン・ツィイー「女帝/エンペラー」での新たな挑戦とは?
メニュー

チャン・ツィイー「女帝/エンペラー」での新たな挑戦とは?

2007年5月29日 12:00

今度は愛と復讐に燃える女! チャン・ツィイー「女帝 エンペラー」

今度は愛と復讐に燃える女!
チャン・ツィイー
[拡大画像]

ウィリアム・シェイクスピアの「ハムレット」を、唐滅亡後の10世紀(五代十国時代)の中国に舞台を翻案し、宮廷内の愛憎劇を描く歴史絵巻「女帝/エンペラー」(フォン・シャオガン監督)。6月2日の日本公開を目前に控えた5月28日、主演のチャン・ツィイーが来日し、都内のホテルでインタビューに応じてくれた。

ツィイーが本作で演じるのは、愛と復讐に生きる王妃ワン。かつて皇太子ウールアンと愛し合っていたワンは、ウールアンの父である先帝に見初められ王妃となる。しかし、先帝の弟リーが兄を毒殺して新たな皇帝になると、ワンは新帝リーの手から皇太子ウールアンを守るため、夫の仇であるリーの妻となることを選ぶ。そして、いつか訪れる復讐の機会を待つが……。ツィイーはその役どころについて、「ワンは望んでそうなったのではなく、周囲の権力闘争に巻き込まれていき、徐々に自分をコントロールできなくなっていってしまった」と分析する。「私自身は社会的、政治的なプレッシャーはなく、演技という創作過程を楽しみ、いい仕事をしたいだけ。彼女に共感する部分は少ないかもしれませんが、私も『初恋のきた道』『グリーン・デスティニー』に出演し、その両作品が成功したおかげで一気に注目されました。思いがけず状況が激変したという部分では共通しているかもしれません」

また、本作は息を飲む映像美と、水を打ったような静寂と緊張感に包み込まれる場面が印象的だ。「何百人という撮影スタッフがいる中、誰もが微かな物音さえ立ててもいけないという極限状況は、役者として集中力を鍛える絶好の場でした」と語るツィイーにとって、終盤のワン1人のシーンは大きな挑戦だったという。「誰の助けも借りず、芝居を完成さなければいけない、今まであまり演じたことがない舞台劇のような場面でした。私は常に自分が成長できる作品に出演していきたいと考えていますが、(本作の)あの場面が私にとっての新たなチャレンジでした」

インタビュー取材を終えたツィイーは、同日夕方、日比谷スカラ座で行われたジャパンプレミアに出席。劇場前の公道を一時封鎖して敷かれたレッドカーペットにシャオガン監督とともに登場し、沿道に集まったファンへ握手やサインなどで応えた。舞台挨拶ではツィイーの大ファンだというゲストの高見盛関から、劇中に登場するバラの花びらで満たされた杯(さかずき)を贈呈され、笑顔で会場を去っていった。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi