ケイト・ブランシェット、15歳男子とのベッドシーンを語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年5月25日 > ケイト・ブランシェット、15歳男子とのベッドシーンを語る
メニュー

ケイト・ブランシェット、15歳男子とのベッドシーンを語る

2007年5月25日 12:00

今年のベネチア映画祭では観客賞を受賞。 (左から)ジュディ・デンチ、アンドリュー・シンプソン、 ケイト・ブランシェット「あるスキャンダルの覚え書き」

今年のベネチア映画祭では観客賞を受賞。
(左から)ジュディ・デンチ、アンドリュー・シンプソン、
ケイト・ブランシェット
(C)Kazuko Wakayama
[拡大画像]

厳格すぎるゆえに周囲から孤立したベテラン教師バーバラ(ジュディ・デンチ)が、愛情にも近い友情を密かに抱いた美術教師シーバ(ケイト・ブランシェット)の秘密を握る。それを理由にバーバラはシーバに迫るのだが……。ケイト・ブランシェットが本年度アカデミー賞の助演女優賞にノミネートされた「あるスキャンダルの覚え書き」で、ケイト演じるシーバが抱える“秘密”とは、“15歳の教え子との不倫関係”。オスカー女優ケイト・ブランシェットは、スキャンダラスなこの役どころを演じるにあたり「きちんとやるためにすごく気を使ったわ」と語った。

「これまで何度かセックスシーンを経験しているけど、15歳の男の子とのセックスシーンは初めてだったから、(相手役の)アンドリュー(・シンプソン)とは何度も話し合った。年上のシーバがリードしていくかのように見えて、年下の彼に溺れていくのよ。事実、2人が愛し合う場所はすごくスリリングというか、不安定な場所なの。学校だったり、屋外だったり、シーバの自宅だったり……。許されない関係だったから仕方ないのかもしれないけど、考え方が安直というか、欲望のままに溺れていってるのがスゴイ。特にシーバの自宅は、夫婦の寝室から見える彼女の工房なんだから!」

しかし、そんなシーバの心境をケイトは次のように分析した。「彼女はあえてそういった場所を選んだのかもしれない。スリリングな場所でセックスをすることによって、心の隙間を埋めるように、より深い快楽を得ようとしたのかもしれないわ」

劇中のシーバは40歳を過ぎた女性という設定(ケイト自身は撮影当時36歳)。自身の子供でも不思議はない15歳の男子(相手役のアンドリューは撮影時16歳)との“禁断の愛”をセクシャルに体現してみせたケイトが、3度目のオスカーノミネートを果たしたのは必然か。

あるスキャンダルの覚え書き」は、6月2日よりシャンテシネほかにて公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi