ペネロペ・クルスが魅惑の愛人役に!文豪ロス原作の艶笑ドラマ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年4月13日 > ペネロペ・クルスが魅惑の愛人役に!文豪ロス原作の艶笑ドラマ
メニュー

ペネロペ・クルスが魅惑の愛人役に!文豪ロス原作の艶笑ドラマ

2007年4月13日 12:00

6月30日日本公開「ボルベール/帰郷」の ペネロペ・クルス「あなたになら言える秘密のこと」

6月30日日本公開「ボルベール/帰郷」の
ペネロペ・クルス
[拡大画像]

バラエティ紙が伝えるところによると、ペネロペ・クルスベン・キングズレーパトリシア・クラークソンが出演するレイクショア・エンタテインメント製作のドラマ「エレジー(原題)」(11月全米公開予定)に、ピーター・サールスガート、デニス・ホッパーデボラ・ハリーの3名が出演することになった。「あなたになら言える秘密のこと」のスペインの女性監督イザベル・コイシェがメガホンを執り、5月よりカナダ・バンクーバーで撮影開始される。

原作は、「さよならコロンバス」などで知られる現代アメリカ文学を代表するユダヤ人作家、フィリップ・ロスが01年に発表した小説「ダイング・アニマル」(集英社刊)。60歳を過ぎた老批評家デビッド・ケペシュ(キングズレー)に美しい乳房を持った愛人コンスエラ(クルス)ができるが、迫り来る老いと生への渇望のはざまで葛藤した彼は別れる。しかし8年後、彼の目の前に再び彼女が現れるという内容で、“死にゆく獣”となった老人の性を描く文豪ロス円熟期の傑作。また、ロス小説の映画化「白いカラス」(原作は「ヒューマン・ステイン」)同様に、ニコラス・メイヤー(「タイム・アフター・タイム」)が脚色を手がける。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi