森山直太朗が心配する「初雪の恋」のイ・ジュンギと宮崎あおい : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年4月6日 > 森山直太朗が心配する「初雪の恋」のイ・ジュンギと宮崎あおい
メニュー

森山直太朗が心配する「初雪の恋」のイ・ジュンギと宮崎あおい

2007年4月6日 12:00

「初雪の恋/ヴァージン・スノー」 (左から)宮崎あおい、森山直太朗、イ・ジュンギ「王の男」

「初雪の恋/ヴァージン・スノー」
(左から)宮崎あおい、森山直太朗、イ・ジュンギ
[拡大画像]

韓国で歴史的大ヒットを記録した「王の男」で一躍スターとなったイ・ジュンギと、日本を代表する若手女優・宮崎あおいの共演が話題の日韓合作映画「初恋の雪/ヴァージン・スノー」。その記者会見が4月5日、東京・原宿のラフォーレ原宿ミュージアムで行われ、主演の2人とハン・サンヒ監督が登壇し、主題歌を担当した歌手の森山直太朗も駆けつけた。

本作は、韓国から京都の高校に転校してきたミン(ジュンギ)と、彼がそこで出会った高校生・七重(宮崎)とが織り成すラブストーリー。やはり気になるのは言葉の違いだが、宮崎が「言葉が通じない分、相手を知ろうと、より努力をするので(2人の)距離が縮まった。言葉の違いは、2人の仲を深めるものになった」と明かせば、ジュンギも「好意をもっていれば、絶対に気持ちは通じ合うと思う」と彼女に同意。また、ジュンギが「あおいさんが韓国語を話す姿は愛嬌があってかわいらしい。今もそうですけど、とても愛らしくて……」と照れながら語るなど、終始微笑ましいムード。そんな2人を見て森山は、「曲を書くために映画を見たけど、2人の姿が本当に初々しくて、思わずひとりの観客として、(大丈夫かと)少し心配してしまったけど、とにかく良かった!」と打ち明け、「外国人監督が撮ったからか、日本ってこんなに綺麗だったのか、と改めて気づかされるところが多かった」などと、主演の2人以上に映画の魅力を熱く語っていた。

初雪の恋/ヴァージン・スノー」は、5月12日ロードショー。

※サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi