大友克洋原作漫画の続編「新SOS大東京探検隊」が公開決定! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年3月23日 > 大友克洋原作漫画の続編「新SOS大東京探検隊」が公開決定!
メニュー

大友克洋原作漫画の続編「新SOS大東京探検隊」が公開決定!

2007年3月23日 12:00

「新SOS大東京探検隊」「新SOS大東京探検隊」

「新SOS大東京探検隊」
(C)2006大友克洋・講談社/
バンダイビジュアル・サンライズ
[拡大画像]

大友克洋が80年に発表した短編漫画「SOS大東京探検隊」をアレンジし、その続編として製作された中編アニメーション「新SOS大東京探検隊」の劇場公開が決定した。

新SOS大東京探検隊」は、父親が子供のときに記した「大東京地下探検記」というノートを見つけた主人公の小学生・尾崎竜平が、仲間とともに探検隊を結成し、夏休みのある日、地図に記された秘密の宝物を目指し、マンホールから地下に降りて冒険を繰り広げるというもの。大友克洋監督の「スチームボーイ」を手掛けたサンライズ・エモーションスタジオが、「スチームボーイ」で培ったデジタル技術を進化させて作り上げた3DCGアニメだ。3DCGとはいえ、昨今のハリウッドのそれとは一線を画し、日本の伝統的なセルアニメの手法も継承しつつ完成させたキャラクター描写が注目を浴び、昨年の第19回東京国際映画祭・協賛企画「animecs TIFF 2006」では、40分という中編ながらワールドプレミア としてお披露目された。プロダクションI.Gの「BLOOD THE LAST VAMPIRE」や「スチームボーイ」で演出を担当し、セルアニメの手法とデジタル技術の融合を進めてきた高木真司が初監督を務める。原作者の大友克洋も「原作者冥利に尽きますね。近年のアニメーションでは最も気に入っています」とコメントを寄せている。

新SOS大東京探検隊」は松竹の配給で、5月、新宿バルト9にてレイトショー公開。その後、全国順次公開される予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi