「嫌われ松子」の中谷美紀、アジアNo.1女優に! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年3月23日 > 「嫌われ松子」の中谷美紀、アジアNo.1女優に!
メニュー

「嫌われ松子」の中谷美紀、アジアNo.1女優に!

2007年3月23日 12:00

「嫌われ松子の一生」の中谷美紀「女帝 エンペラー」

「嫌われ松子の一生」の中谷美紀
(C)2006「嫌われ松子の一生」製作委員会
[拡大画像]

3月20日、香港国際映画祭の会場で、同映画祭組織委員会が制定したアジア映画全体を対象にした年間映画賞となる第1回アジア映画賞の授賞式が行われ、日本映画「嫌われ松子の一生」の中谷美紀が、「カース・オブ・ザ・ゴールデン・フラワー(原題)」(香港/中国)のコン・リー、「花よりもなほ」の宮沢りえ、「女帝/エンペラー」(香港/中国)のチャン・ツィイーらを押しのけて女優賞を受賞、昨年のアジア・ナンバーワン女優に輝いた。

作品賞は、ポン・ジュノ監督の韓国映画「グエムル/漢江の怪物」。惜しくも山田洋次監督の「武士の一分」は受賞はならなかった。また「グエムル」のソン・ガンホが男優賞に輝き、「明日の記憶」の渡辺謙も受賞を逃した。監督賞は、06年ベネチア国際映画祭金獅子賞を受賞した「三峡好人」(中国)のジャ・ジャンクーだった。

他の各賞は──脚本賞は「Men at Work」(イラン)、撮影賞は「グエムル」(韓国)、美術賞は「女帝/エンペラー」(香港/中国)、音楽賞は「Opera Jawa」 (インドネシア/オーストリア)、編集賞は「Syndromes and a Century」(台湾/オーストリア/フランス)、視覚効果賞は「グエムル」。「グエムル」は4冠に輝いた。

授賞式には、フランスの映画監督リュック・ベッソンをはじめ、ミシェル・ヨートニー・レオンアンディ・ラウ、Rain(ピ)、パク・チャヌク監督などなどアジアの才能がかけつけた。今年が第1回の開催だが、いずれは欧州におけるヨーロッパ映画賞のような位置づけになっていくものと見られている。

なお、香港国際映画祭は16本のワールドプレミア上映が行われ、4月11日まで開催される。3月21日は反町隆史主演の「蒼き狼 地果て海尽きるまで」のプレミア上映会が行われ、「フルタイムキラー」(01)で反町と共演した香港の大スター、アンディ・ラウが激励に訪れた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi