自称“和製ニコラス”も応援!ニコラス・ケイジ来日会見 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年2月23日 > 自称“和製ニコラス”も応援!ニコラス・ケイジ来日会見
メニュー

自称“和製ニコラス”も応援!ニコラス・ケイジ来日会見

2007年2月23日 12:00

画像1

[拡大画像]

スパイダーマン」「X-MEN」を生み出したマーベル・コミックの人気漫画を映画化したアクション・ホラー「ゴーストライダー」が、全米オープニング3日間の興収4500万ドル(約54億円)という大ヒットスタートを切った。そんな朗報を引っさげ、主演のニコラス・ケイジと監督のマーク・スティーブン・ジョンソンが来日を果たし、2月22日、ホテルオークラ東京にて記者会見を行った。

かねてから原作コミックの映画化を熱望していたというケイジに、他のヒーロー作品との違いを聞くと、「ゴーストライダーは他のヒーローのようにマントやタイツは身に付けず、炎に包まれたドクロの姿で登場するんだ。そして、人が犯した悪行をその人に戻すというカルマが描かれているんだよ」と熱く語る。本作の魅力の1つに“地獄(ヘル)バイク”でのバイクアクションが挙げられるが、ジョンソン監督が「早朝3時頃にダウンタウンで撮影を始めようとしたら、遠くの方からすごい音を立てたバイクが近づいてきた。我々の側に停まってヘルメットを取ると、何と出演者のピーター・フォンダだったんだ」と、往年の名優の撮影エピソードを披露。すると、ケイジも「僕は『イージー・ライダー』(ピーター・フォンダ主演)を見てバイクに乗るようになったぐらいだからね。ピーターとの共演は素晴らしい体験だった」と嬉しそうに話した。

その後、大のケイジファンで自らを“日本のニコラス・ケイジ”と称するタレントのモト冬樹が、ゴーストライダーの衣装を身に付けて登場。「こうして並んで立つと全く似てないことが分かった」と苦笑するモトに対し、まんざらでもなさそうなケイジは「僕がモトさんに似てるんだよ。今度2人でゴーストライダーをやろう!」とおどけてみせた。「ゴーストライダー」は3月3日ロードショー。

※サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます


画像2

画像3

画像4

画像5

※サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます「ゴーストライダー」

※サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます


画像7

画像8

画像9

画像10

画像11

※サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます「ゴーストライダー」

※サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます


(左から)モト冬樹、ニコラス・ケイジ、 マーク・スティーブン・ジョンソン監督「ゴーストライダー」

(左から)モト冬樹、ニコラス・ケイジ、 マーク・スティーブン・ジョンソン監督

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi