イシュトバン・サボー監督の新境地「華麗なる恋の舞台で」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年2月9日 > イシュトバン・サボー監督の新境地「華麗なる恋の舞台で」
メニュー

イシュトバン・サボー監督の新境地「華麗なる恋の舞台で」

2007年2月9日 12:00

「華麗なる恋の舞台で」イシュトバン・サボー監督「華麗なる恋の舞台で」

「華麗なる恋の舞台で」イシュトバン・サボー監督
[拡大画像]

メフィスト」「コンフィデンス/信頼」「太陽の雫」といった重厚なタッチの作風で知られるハンガリーの巨匠イシュトバン・サボー監督が、今までの作風とは異なるタッチで舞台女優のコミカルな復讐と再生を描いた「華麗なる恋の舞台で」。公開に先立ち、来日したサボー監督に話を聞いた。

サボー監督といえば、歴史やイデオロギーについて言及した作品が有名だが、今回はモーム原作による小粋なコメディ作品。新たなジャンルに挑んだ心を聞いてみると「まず最初に、私は今までコメディというものをやったことがありません。で、プロデューサーに勧められてモームの小説を読んでみたのですが、“エルンスト・ルビッチに撮ってもらいたいな”と思ったんです。彼のスタイルがこの作品と合うと思ったからです。ですが、彼はもうこの世にいないので、自分でやってみることにしました。正直、出来るかどうか分からなかったのですが、“責任は取らないよ”とプロデューサーに約束して、自由にやらせてもらいました(笑)」

また、スター女優でありながら自らの立場に飽きている主人公ジュリアにアネット・ベニングを選んだ理由を聞いてみると、「この映画において舞台というのはとても重要なファクターです。ですから、偉大な映画女優でありながら、舞台経験がある人が必要だったのです。600~700人という大勢の人数の前で説得力のある演技を出来る女優で、映画スターでもある女優はそうそういません。アネット・ベニングはそんな数少ない女優の中の1人でした」と絶賛。ベニングは監督の期待に応えて、この作品でゴールデングローブの主演女優賞を受賞した。「華麗なる恋の舞台で」は10日より、Bunkamuraル・シネマにほかにてロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi