「ディパーテッド」マーティン・スコセッシ監督がDGA賞を受賞 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年2月6日 > 「ディパーテッド」マーティン・スコセッシ監督がDGA賞を受賞
メニュー

「ディパーテッド」マーティン・スコセッシ監督がDGA賞を受賞

2007年2月6日 12:00

オスカーに王手!「ディパーテッド」

オスカーに王手!
[拡大画像]

2月4日、全米監督協会(Directors Guild of America)が主催する第59回DGAアワードが発表され、「ディパーテッド」のマーティン・スコセッシ監督が受賞した。6回目のノミネートで初の受賞。同業者から最優秀監督に選ばれたスコセッシ監督が、本命のオスカーを初受賞できるかどうか注目される。なお、現在公開中の「ディパーテッド」はスコセッシ監督のキャリアで最大のヒット作となっており、アメリカ国内だけで興収1億2858万ドル(約155億円)を記録している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi