「バブルへGO!!」。薬師丸、阿部らがバブル時代の思い出話を披露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年1月12日 > 「バブルへGO!!」。薬師丸、阿部らがバブル時代の思い出話を披露
メニュー

「バブルへGO!!」。薬師丸、阿部らがバブル時代の思い出話を披露

2007年1月12日 12:00

「バブルへGO!!/タイムマシンはドラム式」 (左から)広末涼子、阿部寛、薬師丸ひろ子「バブルへGO!! タイムマシンはドラム式」

「バブルへGO!!/タイムマシンはドラム式」
(左から)広末涼子、阿部寛、薬師丸ひろ子
[拡大画像]

彼女が水着にきがえたら」「私をスキーに連れてって」の馬場康夫監督とホイチョイ・プロダクションによる8年ぶりの新作「バブルへGO!!/タイムマシンはドラム式」が完成し、10日東京・六本木で完成会見が行われ、馬場康夫監督、阿部寛広末涼子薬師丸ひろ子亀山千広プロデューサーらが出席した。

会見は、「一度はタイムスリップものの映画を作ってみたかった」という亀山プロデューサーの言葉で始まったが、いつしか話は映画の舞台となっている17年前のバブル絶頂期の思い出話に変わり、監督や出演者からは悲喜こもごものエピソードが飛び出した。

まず、馬場監督が「90年は私が結婚してしまった年なので、戻れることならそれを食い止めたいなと思います」と口火を切ると、続いて阿部が「メンズノンノでデビューして、すぐに人気が落ちてきたので、バブルどころかブルーでしたね(笑)」と当時の苦い思い出を語った。また、薬師丸は「フジテレビの映画に出た時、今では考えられないような贅沢三昧で、撮影に来ているのか旅行に来ているのか分からないぐらいでした」とバブルの恩恵を受けたことを明かしたが、その後の生活については「人生計画はかなり狂ってますが、それで良しと吹っ切れています」と笑顔で告白し、会場を沸かせた。「バブルへGO!!/タイムマシンはドラム式」は2月10日公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi