「ピンチクリフ・グランプリ」試写会ですっかりノルウェー気分? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年12月22日 > 「ピンチクリフ・グランプリ」試写会ですっかりノルウェー気分?
メニュー

「ピンチクリフ・グランプリ」試写会ですっかりノルウェー気分?

2006年12月22日 12:00

観客は用意されたお菓子を食べながら トークショーに聞き入った「ピンチクリフ・グランプリ」

観客は用意されたお菓子を食べながら
トークショーに聞き入った
[拡大画像]

12月19日、75年に製作されたノルウェー生まれのアニメ「ピンチクリフ・グランプリ」の特別試写会が行われた。会場となったのは東京・広尾にあるノルウェー王国大使館。普段はなかなか足を踏み入れる機会のない場所での一風変わった試写会となった。

大きなスクリーンのあるホールには招待客用のテーブルが用意されており、その上にはノルウェー名物のクッキーが。特別ゲストとして登場したノルウェー語講師・青木順子さんによると、ノルウェーでは夕食の時間が15時~17時と早く、試写が行われた19時頃に迎えた来客にはクッキーなどのお菓子でもてなす風習があるという。ノルウェー気分に浸りながら映画を鑑賞できるという粋な演出だ。

自転車修理工の主人公と2人の助手(あひるとハリネズミ)がグランプリ・レースに出場して大活躍するというこの映画は、ノルウェー本国で観客動員数ナンバーワンを誇る人気アニメ。青木さんによれば、「この映画のキャッチコピーは“0歳~99歳まで楽しめる映画”。実際、おじいちゃんおばあちゃんが孫を連れて劇場に足を運ぶ姿をよく見かけました」とのこと。映画の上映前にはノルウェー王国大使も挨拶し、「アニメの本場である日本でノルウェーのアニメを紹介できて嬉しい」と喜びを語った。「ピンチクリフ・グランプリ」は07年2月3日公開。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi