「007」シリーズ最年少の“Q”が誕生? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年12月12日 > 「007」シリーズ最年少の“Q”が誕生?
メニュー

「007」シリーズ最年少の“Q”が誕生?

2006年12月12日 12:00

ボンドガールも供給してくれ「007 ワールド・イズ・ノット・イナフ」

ボンドガールも供給してくれ
[拡大画像]

「007」シリーズの第22作に登場することが確実視されているボンドの兵器供給係“Q”役に、ユエン・ブレムナーの名前が挙がっている。現在34歳のスコットランド人俳優であるブレムナーは、「007/ワールド・イズ・ノット・イナフ」で悪役ビクターを演じたロバート・カーライルや、6代目ジェームズ・ボンド候補だったユアン・マクレガーらと「トレインスポッティング」で共演している。Q役は「ワールド・イズ・ノット・イナフ」まで、デスモンド・リュウェリンが演じ、彼が99年に交通事故で亡くなった後はジョン・クリーズが演じたが、最新作である「007/カジノ・ロワイヤル」では登場しなかった。ブレムナーが演じることが決定すると、6代目ジェームズ・ボンドとなったダニエル・クレイグと同様に、“Q”も若返りを果たすことになる。「007」シリーズ第22作はタイトル未定だが、すでに08年11月7日の公開が決まっている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi