小西真奈美が入魂の演技。「天使の卵」に原作者も太鼓判 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年8月4日 > 小西真奈美が入魂の演技。「天使の卵」に原作者も太鼓判
メニュー

小西真奈美が入魂の演技。「天使の卵」に原作者も太鼓判

2006年8月4日 12:00

※06年7月11日より、「ニュース&噂」は毎週火曜日・金曜日の週2回更新となりました

画像1

[拡大画像]

直木賞作家・村上由佳の100万部を突破したベストセラー小説の映画化「天使の卵」の完成報告会見が、8月2日、東京會舘(東京・丸の内)にて行われた。会見には冨樫森監督、主演の市原隼人小西真奈美、原作者・村山由佳らが出席した。

映画は、美大志望の浪人生・歩太(あゆた)と8歳年上の精神科医・春妃(はるひ)が、迷い、傷つきながらも愛を深めていく様子を描いた物語。「自分で観て何度も泣いてしまった。古き良き純文学を読んだ後のような気持ちになった」と言う春妃役の小西は、「私の中でずっと残しておきたい作品。40~50代の大人の方々にも若い頃を振り返ってもらえると思うし、いろんな人の中で残っていく作品になれば」とPR。撮影時も「頭で考えるより、現場で体当たりで演じていた」そうで、監督もそんな彼女を「役にぶつかってきて、意気込みを感じた。女優として脂が乗り切った、とてもいい時期にいる小西さんを撮影できて嬉しい」と評し、「天使の卵」は女優・小西真奈美の入魂の一作になっているようだ。

また、これまで本作の映画化企画が30以上もあったが、どれも実現しなかったという原作者・村上も「原作にないシーンも私が書いた世界をはずれず、より豊かになっている」と、映画の出来に太鼓判を押した。10月21日ロードショー。

※サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます


画像2

画像3

画像4

画像5

※サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます「天使の卵」

※サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます


画像7

画像8

画像9

画像10

画像11

※サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます「天使の卵」

※サムネイルをクリックすると拡大画像が見られます


(前列左から)小西真奈美、市原隼人 (後列左から)主題歌を担当する SunSet Swishのボーカル佐伯大介、 原作者・村上由佳、冨樫森監督「天使の卵」

(前列左から)小西真奈美、市原隼人 (後列左から)主題歌を担当する SunSet Swishのボーカル佐伯大介、 原作者・村上由佳、冨樫森監督

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi