J・キャメロン新作のVFXを「キング・コング」のWETAが担当 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年8月4日 > J・キャメロン新作のVFXを「キング・コング」のWETAが担当
メニュー

J・キャメロン新作のVFXを「キング・コング」のWETAが担当

2006年8月4日 12:00

※06年7月11日より、「ニュース&噂」は毎週火曜日・金曜日の週2回更新となりました

ジェームズ・キャメロン監督の最新作「Avatar」のVFX(ビジュアル・エフェクト)を、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズや「キング・コング」を手がけたVFXプロダクション、WETAが担当することが明らかになった。「WETAは、VFXにおいてトップであることを証明している」と、キャメロン監督はその理由を説明。「特に私の映画で重要な、パフォーマンス・キャプチャーをベースにしたキャラクターアニメーション技術が優れている」と語っている。VFXスーパーバイザーを務めるのは、「キング・コング」のジョー・レッテリ。「Avatar」は、08年夏に全米公開の予定だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi