第7回日本映画エンジェル大賞発表 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年7月14日 > 第7回日本映画エンジェル大賞発表
メニュー

第7回日本映画エンジェル大賞発表

2006年7月14日 12:00

※06年7月11日より、「ニュース&噂」は毎週火曜日・金曜日の週2回更新となりました

第7回日本映画エンジェル大賞 (左から)青木英美、出馬康成、大沼睦美、 ケラリーノ・サンドロビッチ、マツムラケンゾー「カナリア」

第7回日本映画エンジェル大賞
(左から)青木英美、出馬康成、大沼睦美、
ケラリーノ・サンドロビッチ、マツムラケンゾー
[拡大画像]

明日の映画界を担うプロデューサーとクリエーターの育成を目的に発足し、これまでに「カナリア」「リンダリンダリンダ」「カーテンコール」などの製作と公開を実現してきた日本映画エンジェル大賞の第7回受賞者が決定。7月12日、東京・六本木のオリベホールにて授賞式が開催された。

同賞は映画の企画に対して賞を与え、受賞作が劇場公開され、ビジネスとして成功するためのバックアップを行うのがユニークな点だが、今回は青木英美出馬康成、大沼睦美、マツムラケンゾー、ケラリーノ・サンドロビッチの5名が入選を果たし、賞金50万円を手にした。各人はこの後、最大250万円の企画開発費(大賞の場合は500万円)の出資を受け、映画の製作実現に向けて動き出す。ちなみに、ここ最近の受賞者には、映像業界で既に実績を残している者が多いが、今回も人気劇団ナイロン100℃の主宰で、03年に「1980」で映画監督デビューも飾っているケラリーノらが名を連ねた。

なお、エンジェル大賞では、7月31日まで第8回の応募を受付け中。プロのクリエーターを目指す方は、ぜひチャレンジしてほしい。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi