ハリウッド、アート映画専門レーベルを続々と設立 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年5月23日 > ハリウッド、アート映画専門レーベルを続々と設立
メニュー

ハリウッド、アート映画専門レーベルを続々と設立

2006年5月23日 12:00

「ブロークバック・マウンテン」「ブロークバック・マウンテン」

「ブロークバック・マウンテン」
[拡大画像]

ブロークバック・マウンテン」の記録的ヒットを受け、ハリウッドのメジャースタジオがアート映画専門レーベルの設立を急いでいる。製作費1400万ドル(約16億円)の同作は、ユニバーサル・スタジオのアート映画部門「フォーカス・フィーチャーズ」が配給し、世界で1億7420万ドルものヒットとなった。「ブロークバック・マウンテン」を蹴ったソニーのエイミー・パスカル会長は、「当時は、あのような映画を適切に配給する方法がなかった」と反省し、現在は新レーベルの設立を検討しているという。

また、ブラッド・グレイCEOのもと改革が進められているパラマウント・スタジオは、アート映画専門レーベル「パラマウント・バンテージ」の設立を発表。インディペンデント系の低予算映画を、1年に8本から10本リリースしていくという(現在、同種の映画を配給しているレーベル「パラマウント・クラシックス」は、外国映画やドキュメンタリー映画専門とするという)。

バンテージのラインアップには、ブラッド・ピット役所広司出演の「バベル」(アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督)や、コーエン兄弟の新作「No Country for Old Men」、ポール・トーマス・アンダーソン監督の「There will be Blood」などがラインアップされている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi