和田アキ子の告白に佐藤浩市タジタジ「陽気なギャングが地球を回す」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年4月18日 > 和田アキ子の告白に佐藤浩市タジタジ「陽気なギャングが地球を回す」
メニュー

和田アキ子の告白に佐藤浩市タジタジ「陽気なギャングが地球を回す」

2006年4月18日 12:00

主演の豪華キャストよりも目立っていた和田アキ子…さすがです「陽気なギャングが地球を回す」

主演の豪華キャストよりも目立っていた和田アキ子…さすがです
[拡大画像]

重力ピエロ」「死神の精度」などで、今最も注目される若手小説家、伊坂幸太郎の同名小説を映画化した「陽気なギャングが地球を回す」。4月17日、東京・新宿のパークハイアット東京で完成報告会見が行われ、主演の大沢たかお鈴木京香佐藤浩市松田翔太加藤ローサ、そしてエンディングテーマを担当したScoop On Somebodyの3人と和田アキ子が登壇した。

「陽気なギャングが世界を回す」は、特異な才能を持つ4人が集まって銀行強盗をするという犯罪コメディ。劇中、演説の天才を演じた佐藤は「演説だけ得意な男ということで、誉められているんだか、貶されているんだか分からないんですが、とにかく見終わった後にスカッと出来る映画です。この映画を見終わって人生を考える人もいないでしょうし」と挨拶。そこに「私、佐藤浩市さんにハマっているんです」と、和田が突然の告白。いつものおとぼけムードから一転、恐縮ムードに変わった佐藤を尻目に和田は「さっきもDVDにサインしてもらったんだけど、今日の佐藤君の絆創膏を貼った鼻を見たらガックリしたわ(笑)」と立て続けに話しかけ、会場を沸かせた。

完成した映画を観たという和田は「今までにない日本映画。こういう映画だったら出てみたいと思わせる作品でした」と絶賛していた。「陽気なギャングが地球を回す」は5月13日公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi