竹中直人の独壇場。「キャッチ・ア・ウェーブ」会見 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年3月21日 > 竹中直人の独壇場。「キャッチ・ア・ウェーブ」会見
メニュー

竹中直人の独壇場。「キャッチ・ア・ウェーブ」会見

2006年3月21日 12:00

若者に混じっても違和感無し「キャッチ ア ウェーブ」

若者に混じっても違和感無し
[拡大画像]

ワーナー・ブラザース映画が製作・配給する「キャッチ・ア・ウェーブ」の完成披露報告記者会見が、去る3月16日、東京・芝の東京プリンスホテル・パークタワーで行われ、「史上最年少の脚本家」といわれる原作・脚本の豊田和真以下、主演の三浦春馬木村了濱田岳加藤ローサ竹中直人、そして高橋伸之監督が登壇した。

本作は現役高校生の書いた原作小説を、当人が脚色した青春サーフィン映画。「映画にしてくれてありがとうございます」と挨拶した豊田、そして主役の高校生を演じた3人も緊張しっぱなしで、会場は、彼らの緊張をほぐそうとフォローに入った竹中によるお笑い会見に。伝説のプロサーファーを演じた竹中は「私は役作りに10年20年かけて、山登りなどをしながらこの役に挑みました。今年(3月20日)で50歳を迎えるなんて信じられない。納得がいきません」と冗談まじりに語り、会場を終始笑わせた。

TVドラマ「ウォーター・ボーイズ」などの演出を経て、本作で劇場映画デビューを果たした高橋監督は「撮影中も、竹中さんがカメラの後ろで笑わせていたので、本編には、主役3人が笑いを堪えているショットがいくつもあります」と笑顔で話していた。「キャッチ・ア・ウェーブ」は4月29日ロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi