E・ベアールが、キェシロフスキ監督の遺稿に挑戦 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年3月7日 > E・ベアールが、キェシロフスキ監督の遺稿に挑戦
メニュー

E・ベアールが、キェシロフスキ監督の遺稿に挑戦

2006年3月7日 12:00

日本大好き?エマニュエル・ベアールと ダニス・タノビッチ監督「美しき運命の傷痕」

日本大好き?エマニュエル・ベアールと
ダニス・タノビッチ監督
[拡大画像]

「トリコロール」3部作、「デカローグ」などで知られるポーランドの巨匠クシュシュトフ・キェシロフスキの遺稿を、異色作「ノー・マンズ・ランド」のダニス・タノビッチ監督が映画化した3姉妹のドラマ「美しき運命の傷痕」。3姉妹の長女を演じた主演のエマニュエル・ベアールとタノビッチ監督が来日し、3月3日、東京・渋谷のセルリアンタワー東急ホテルにて来日記者会見を開いた。

2年ぶりの来日となるベアールは「これまでに10数回、日本に来ています。日本人の方は好奇心旺盛な上、様々なことで喜び、悲しみを表現できる感性を持っているようで、大変嬉しく思います。日本人全員がフランスに引っ越してくれないかしら」と挨拶。会見途中ジャーナリストから、映画「キング・コング」の160億円かけたCGのコングより、エマニュエル・ベアールの肉体そのものの方がパワフルだったと言われたベアールは「私の出るシーンには特殊効果はありません。私は自分の出来ることをしているだけです。作品ごとに2、3カ月間、カバンに荷物を詰め込み、監督たちと同じところにいる、それが(女優の)仕事です」と語り、感謝の気持ちを述べるとともに映画女優としての姿勢を示した。

一方、キェシロフスキの遺稿ということで、プレッシャーはあったのか?と聞かれたタノビッチ監督は「私は内戦中だった94年のサラエボ以降、プレッシャーというものを感じたことはありませんが、遺稿を読んで、つくづくキェシロフスキは天才だと思いました。彼はかなり深いところまで、女性の世界に入っていたんですね」と改めてキェシロフスキに敬意を表した。

会見の最後、ベアールは「世界がマクドナルド化してしまっている中で、フランス映画や他の国の映画が観られることは素晴らしいことです」と配給元を褒め称え、会見を締めくくった。「美しき運命の傷痕」は4月8日公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi