不運な孤児「オリバー・ツイスト」の素顔はやんちゃ坊主!? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年1月24日 > 不運な孤児「オリバー・ツイスト」の素顔はやんちゃ坊主!?
メニュー

不運な孤児「オリバー・ツイスト」の素顔はやんちゃ坊主!?

2006年1月24日 12:00

昨年の映画祭に続き、早くも2度目の来日 (ただし父親同伴)「オリバー・ツイスト」

昨年の映画祭に続き、早くも2度目の来日
(ただし父親同伴)
[拡大画像]

19世紀英国の文豪チャールズ・ディケンズの名作小説を、「戦場のピアニスト」のロマン・ポランスキー監督が新たに映画化した「オリバー・ツイスト」。本作でタイトルロールを演じたバーニー・クラーク少年に、作品について語ってもらった。

オリバー・ツイスト」は、原作が世界的ベストセラーであることはもちろん、過去に何度も舞台化や映画化されているが、バーニーは今回のオリバーを「勇気をもって、生きるために戦う子なんだ」と評する。「原作はもちろん知ってるし他の映画も見たけど、それらのオリバーはとても気弱で受動的で、そのせいでつらい目にあっているような感じがした。今回僕が演じたオリバーは勝つまで頑張るタイプで、結果として運命に打ち勝つんだ」

それでも不幸な孤児オリバー・ツイストには、悲しげな表情は欠かせない。その憂いをたたえた演技のこつをたずねると「集中すればああいう演技ができるんだ」と答える。「監督に教えてもらったんだけど、10分くらいじっと待って悲しい思いにふける。でも、泣かないようにする。そうしていると、それ以外何も考えられなくなった状態になり、ちょっと涙が出てくるだ」

そんな演技派少年も、素顔は元気な12歳(撮影時は11歳)。

「もちろん撮影中は真面目にやっていたけど、ホテルでは他の子役たちとふざけあって、他の客室のドアをたたいたり、窓から物や水風船を投げたりして、一度はホテルから出ていってくれと言われたくらい。撮影はプラハでやっていたけど、ロンドンの父のところにも電話されちゃったんだ(笑)」

オリバー・ツイスト」は、1月28日より全国ロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi