全米大ヒットホラー映画は「羅生門」と「エクソシスト」をミックス? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年1月24日 > 全米大ヒットホラー映画は「羅生門」と「エクソシスト」をミックス?
メニュー

全米大ヒットホラー映画は「羅生門」と「エクソシスト」をミックス?

2006年1月24日 12:00

監督自身は超常現象を信じているそうな「エミリー・ローズ」

監督自身は超常現象を信じているそうな
[拡大画像]

全米でナンバーワンヒットを記録したホラー「エミリー・ローズ」のスコット・デリクソン監督が来日し、1月18日、ホテル西洋銀座(東京・銀座)にて会見を開いた。

映画は、悪魔に取り憑かれた少女エミリー・ローズが謎の死を遂げ、彼女に悪魔祓いを施した神父が過失致死罪で裁判にかけられるという内容。ホラー映画なだけに(?)、撮影現場では「主演のローラ・リニージェニファー・カーペンターのホテルの部屋で毎夜TVが勝手に点いた」といった超自然現象も。監督も撮影前のリサーチ中「悪魔が最も活動する時間という夜中の3時ぴったりに、毎晩目が覚めてしまった」と言い、この現象を映画のワンシーンに取り入れているそうだ。

また、監督は「この手のジャンルを扱う者はJホラーの影響なくしては語れない」と日本のホラーを賞賛。さらに最も敬愛する監督だという黒澤明に関して「僕は大学でクロサワの映画について講義をしているけど、この映画は“『羅生門』meets『エクソシスト』”だ。当事者たちの証言から事件の真相が語られるという構成のアイデアは『羅生門』から得たし、クロサワは天候が人の心に与える影響をよく考えていて、エミリーが霧の中を歩くシーンは『蜘蛛の巣城』の影響なんだ」と熱っぽく語った。3月全国ロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi