「ウォッチメン」映画化、パラマウントからワーナーへ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年12月20日 > 「ウォッチメン」映画化、パラマウントからワーナーへ
メニュー

「ウォッチメン」映画化、パラマウントからワーナーへ

2005年12月20日 12:00

ボーン・スプレマシー」のポール・グリーングラス監督のもと、パラマントで製作準備が行われていた人気コミック「ウォッチメン」の映画化企画が、今後はライバルスタジオのワーナー・ブラザースで行われることになった。米業界誌のエンターテインメント・ウィークリーが報じたもの。プロデューサーは、ラリー・ゴードンとロイド・レビンが引き続き務めるが、グリーングラス監督と脚本家のデビッド・ヘイターは降板になる。

ウォッチメン」はイギリスの鬼才アラン・ムーアの代表作で、87年にDCコミックから発表された作品。ヒーロー活動が禁止された近未来を舞台に、かつてヒーローだった男が殺された事件をきっかけに大きな陰謀が明らかになるという物語。SFとしての評価も高く、アメコミとしては唯一、SFファンたちの一般投票で選ばれるヒューゴー賞を受賞している。ちなみにワーナーは、アラン・ムーア原作の「V・フォー・ヴェンデッタ」の製作も手がけている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi