人気ゲーム「HALO」が映画に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年8月30日 > 人気ゲーム「HALO」が映画に
メニュー

人気ゲーム「HALO」が映画に

2005年8月30日 12:00

アメリカで爆発的な売り上げを記録しているゲームソフト「HALO」を製作したマイクロソフトが、ユニバーサルと20世紀フォックス両社との映画化契約を結んだ。

大ヒットゲームの映画化ということもあり、マイクロソフトはゆっくりと時間をかけて交渉を行ってきた。「ザ・ビーチ」の原作や「28日後...」(ダニー・ボイル監督)の脚本で知られるアレックス・ガーランドに、マイクロソフト自ら100万ドル(約1億1000万円)で脚本執筆を依頼し、完成した草稿をすべてのメジャースタジオに送りつけ、争奪戦を巻き起こした。その結果、「スパイダーマン」(ソニー)や「ハリー・ポッター」(ワーナー)のような大ヒットシリーズに飢えているユニバーサルと20世紀フォックスが権利を分け合う形となった。

マイクロソフトは当初、映画化権1500万ドルに加え、興行収入の15%を受け取ることを持ちかけていたが、その条件では合意に至らなかった。最終的に、映画化権は500万ドル(約5億5000万円)で、マイクロソフトは、アメリカ国内のボックスオフィス収益の10%を受け取るということで落ち着いた。ユニバーサルが製作とアメリカ国内配給、フォックスが海外配給を手がける。

「HALO」は地球を侵略するエイリアンと戦うシューティングゲームで、01年の発売以来、全世界で500万本のセールスを記録。昨年「HALO 2」が発売されたが、映画のストーリーは2作をあわせたものになるようだ。全米公開は07年夏の予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi