スタローン、「ランボー4」で復活 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年6月7日 > スタローン、「ランボー4」で復活
メニュー

スタローン、「ランボー4」で復活

2005年6月7日 12:00

仕事が来た!仕事が来た!「ランボー」

仕事が来た!仕事が来た!
[拡大画像]

88年の「ランボー3/怒りのアフガン」以来、17年ぶりにシルベスター・スタローン主演の「ランボー」シリーズが復活することになった。ミラマックスの一部門であるディメンション・フィルムが97年より同作の映画化権を所有していたが、「ランボー4」の企画は暗礁に乗り上げたままだった。ところが今年、ミラマックスを離れるワインスタイン兄弟が同作の権利を放出したために、新たに権利を獲得したニュー・イメージ社のもと、ようやく「ランボー4」が始動することになった。

スタローンは、「契約書にサインしたばかりだ。映画ファンのみんなに、また本物のアクションヒーローを披露できるようになって嬉しい」と声明を発表。スタローンが執筆した今回のストーリーは、都会生活に嫌気のさしたランボーが一家を引き連れて田舎に移住。しかし、ナバホ族の血を引くランボーを、現地の白人至上主義者グループが嫌い、10歳の娘を誘拐。ランボーが救出に立ち上がる、という筋書なんだとか。なお、ニュー・イメージは、フランチャイズ化を狙っているという。「ランボー4」は、来年1月からブルガリアで撮影開始する予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi