昭和30年代を完全再現!あの人気コミックが映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年12月7日 > 昭和30年代を完全再現!あの人気コミックが映画化
メニュー

昭和30年代を完全再現!あの人気コミックが映画化

2004年12月7日 12:00

(後列左より)三浦友和、吉岡秀隆、堤真一、山崎貴監督 (前列左より)掘北真希、小雪、薬師丸ひろ子「ALWAYS 三丁目の夕日」

(後列左より)三浦友和、吉岡秀隆、堤真一、山崎貴監督
(前列左より)掘北真希、小雪、薬師丸ひろ子
[拡大画像]

古き良き昭和30年代を温かい眼差しで描き、連載開始から30年を経た今もファンに愛され続ける、西岸良平の人気コミック「三丁目の夕日」(小学館・週刊ビッグコミックオリジナルにて連載中)が「ALWAYS 三丁目の夕日」として映画化される事が決定。12月2日、撮影が進む東宝スタジオ(東京・成城)にて会見が開かれ、山崎貴監督以下、主演の吉岡秀隆小雪三浦友和堤真一薬師丸ひろ子ら総勢9名のスタッフ・キャストがこれに参加した。

小説家を目指しながら、副業で駄菓子屋の店主を務める茶川を演じる吉岡は、「30年代を精一杯生きた人を精一杯演じたい。観終わった時に、明日を夢見ることが出来る作品になればと思ってます」と意欲を語った。また、吉岡の脇を固める三浦と薬師丸は、声をそろえて「パイロット版を観ただけで、『この映画に出たい。そして完成した映画を観たい』と思った」と、山崎監督の手腕に大きな期待を寄せた。

なお、会見終了後に、主人公たちが暮らす街並のセットが公開されたが、総工費4億円をかけて建築されたという精巧ぶりに、詰め掛けたマスコミから感嘆の声が上がった。「ジュブナイル」「Returner/リターナー」で未来世界を描き、その映像技術が高く評価された山崎監督が初めて描く昭和の世界に期待。05年11月5日ロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi