ウィノナ・ライダー更生?一応、自由の身に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年6月22日 > ウィノナ・ライダー更生?一応、自由の身に
メニュー

ウィノナ・ライダー更生?一応、自由の身に

2004年6月22日 12:00

もうしませんってば

もうしませんってば
[拡大画像]

01年12月に万引きで逮捕されたウィノナ・ライダーは、現在3年間の保護観察期間中だが、その品行方正ぶりが評価されて、今後は監察官の監視なしで行動できることになった。これまで、480時間に及ぶボランティア活動をこなし、1万ドル以上の罰金を支払っているライダーは、今後はより自由に映画出演できることになる。ただし、05年12月までの執行猶予期間中に再び犯罪を犯せば、刑務所行きとなることに変わりはない。現在彼女は、キアヌ・リーブス主演作「暗闇のスキャナー」(05年全米公開予定)の撮影中である。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi