「デイ・アフター・トゥモロー」は盗作?ハーバード大の教授が訴訟 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2004年6月22日 > 「デイ・アフター・トゥモロー」は盗作?ハーバード大の教授が訴訟
メニュー

「デイ・アフター・トゥモロー」は盗作?ハーバード大の教授が訴訟

2004年6月22日 12:00

ハーバード大学の教授が、「デイ・アフター・トゥモロー」は彼の小説の盗作だとして、ローランド・エメリッヒ監督を訴えた。訴訟を起こしたウバルド・ディベネデット教授は、カイル・ドナーというペンネームで「ポーラー・デイ・ナイン」という小説を93年に出版。地球温暖化をテーマにしたその小説には、エメリッヒ監督作と似通ったシーンがいくつも登場していると教授は指摘。さらに、98年に同小説をエメリッヒ監督宛に送っていることを明かした。映画版「デイ・アフター・トゥモロー」の脚本クレジットには、ローランド・エメリッヒとジェフリー・ナクマノフ、そして、原案として「ザ・カミング・グローバル・スーパーストーム」を執筆したホイットニー・ストライバーとアート・ベルの名があるが、ディベネデット教授の名前はない。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi