東京国際映画祭でベッソン最新作がワールドプレミア : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年9月23日 > 東京国際映画祭でベッソン最新作がワールドプレミア
メニュー

東京国際映画祭でベッソン最新作がワールドプレミア

2003年9月23日 12:00

今年もTIFFで上映されるゴジラと 握手を交わす角川歴彦GP「ミシェル・ヴァイヨン」

今年もTIFFで上映されるゴジラと
握手を交わす角川歴彦GP
[拡大画像]

渋谷のBunkamuraを中心に、11月1日~9日まで開催される第16回東京国際映画祭(TIFF)の第2回プレス会見が、9月17日、キャピトル東急ホテル(東京・赤坂)にて行われ、角川歴彦ゼネラル・プロデューサー(GP)より、リュック・ベッソン製作・脚本の最新作「ミシェル・ヴァイヨン」(アスミック・エース配給、12月20日公開)がワールドプレミアを行う旨が発表された。同作は、45年の歴史を誇り、全64巻、2000万部を超えるセールスを記録するヨーロッパで人気のフレンチ・コミックが原作で、ル・マン24時間レースを目指す男女を描くスペクタクル・レーシング・ロマン大作。11月19日の全仏公開より早く、11月8日のTIFFでワールドプレミア上映を行い、リュック・ベッソン以下、キャストやスタッフも来日予定。TIFFでワールドプレミアが行われるのは、97年(第10回TIFF)の「タイタニック」以来になる。

この他、コンペティション部門全15作品や、特別招待作品での新企画として“オープニング・ナイト上映”を実施し、初日の夜、中井貴一主演の中国映画「ヘブン・アンド・アース」(SPE配給)が上映されることも発表。また、今年は初のレッドカーペットも実現する予定で、東急百貨店前から約100mの赤絨毯を曳いて著名人らを迎え、さらに各種イベントを六本木ヒルズへブロードバンド配信するなどの新機軸も打ち出した。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi