カンヌ最大の問題作が上陸。ヴィンセント・ギャロ来日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年9月23日 > カンヌ最大の問題作が上陸。ヴィンセント・ギャロ来日
メニュー

カンヌ最大の問題作が上陸。ヴィンセント・ギャロ来日

2003年9月23日 12:00

ヴィンセント・ギャロ「バッファロー'66」

ヴィンセント・ギャロ
[拡大画像]

バッファロー’66」の大ヒットから5年。俳優、画家、ミュージシャンなど様々な顔を持つアーティスト、ヴィンセント・ギャロが長編監督作品「ブラウン・バニー」のプロモーションのために来日。9月22日、セルリアンタワー東急ホテル(東京・渋谷)にて記者会見を行った。

製作・監督・脚本・美術・撮影監督・編集・主演とギャロづくしの本作は、カンヌ映画際での上映の際、途中で席を立つ人が続出、さらに恋人役クロエ・セヴィニーとの過激すぎるラブシーンに、終映後は大ブーイングが巻き起こった問題作でもある。2週間ほど前にようやく最終の編集作業が終わったそうで、記者から「カンヌ映画祭のバージョンから再編集した意図は?」と聞かれたギャロは「この質問は何度も聞かれて不愉快だね」とまず一言。「カンヌに出品したものは、まだ完成していないラフをプリントしたんだ。カンヌのリアクションは酷いものもあったけど、その影響はないよ」ときっぱり。全てを自分自身でやることについては「最高のものを作るために、自分の仕事は自分でコントロールしたいんだ。でも、友達を失い、健康も損ない、何より貧乏にもなった。またやりたいか、と聞かれたらやらないかもね」とのことだ。映画のヒットが最大の薬かも。04年正月よりシネマライズほかにてロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi