トム・クルーズと9人の志士。「ラスト・サムライ」来日記者会見 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年9月2日 > トム・クルーズと9人の志士。「ラスト・サムライ」来日記者会見
メニュー

トム・クルーズと9人の志士。「ラスト・サムライ」来日記者会見

2003年9月2日 12:00

(後列左より)福本、原田、中村、菅田 (前列左より)ズウィック監督、渡辺、クルーズ、池松、真田、小雪「ラスト サムライ」

(後列左より)福本、原田、中村、菅田
(前列左より)ズウィック監督、渡辺、クルーズ、池松、真田、小雪
[拡大画像]

来る正月映画の目玉として注目を集めるハリウッド製時代劇「ラスト・サムライ」。12月の日米同時公開を前に、8月28日、主演のトム・クルーズとエンドワード・ズウィック監督が来日、日本人キャストを交えた記者会見が、六本木ヒルズ内のグランドハイアット東京にて開かれた。

この日は世界で初公開となる映像も用意され、また、昨年の製作発表以来の初の正式な会見の場とあって、約20カ国から850人以上の報道陣が詰め掛けて会場は満員御礼。会見は2時間に及ぶ大仕掛けのものとなった。まずはクルーズとズウィック監督が登場し、初公開となる予告編と本編映像の一部を2人が順次に紹介。それに伴って渡辺謙真田広之小雪の3人が登壇し、クルーズと固く抱擁を交わして再会を祝した。「日本人以上に侍の心を知っている」と共演者に言わしめ、劇中では見事な殺陣や和装、日本語を披露するクルーズは「侍の美意識や名誉を尊ぶ気持ち、強さを伝えたかった」と熱っぽく語り、「武士道に関してなら何時間でも語れるよ」というほどの入れ込みよう。渡辺、真田も「正直さや謙虚さといった精神を現代社会にも投げかけ、世界の人々に見てもらいたい」と、“武士道”を描く本作の意義を説いた。

一通りの質疑応答の後、さらに日本人キャストの原田眞人菅田俊池松壮亮福本清三、中村七之助が登壇、10人でフォトセッションを行った後、クルーズ、ズウィック監督、中村は個別のスケジュールのために退場。会見は残った日本人キャストによる第2部に突入した。ここでは多くの人が気になっているであろう、“ハリウッドが描く日本の時代劇に違和感はないか?”という点に関して、「彼らの情報収集力やそれを再現する能力の凄さ、技術の高さに驚いた」と渡辺、真田が口を揃え、自身が監督業もこなす原田は「リアリティがあり、もちろん一部にはエンターテインメントとしての解釈もあるが、説得力があるものになっている」と語った。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi