シュワ、暴露記事が続々! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年9月2日 > シュワ、暴露記事が続々!
メニュー

シュワ、暴露記事が続々!

2003年9月2日 12:00

まだまだ強気「プレイボーイ」

まだまだ強気
[拡大画像]

カリフォルニア州知事選に立候補しているアーノルド・シュワルツェネッガーにとって、好ましくないインタビュー記事が発掘された。77年に発売された男性誌「Oui」で、当時29歳のボディビルダーだったシュワルツェネッガーがインタビューに答えているのだが、「プレイボーイ」の兄弟誌だけに、内容がセックスに関することだらけなのだ。「マリファナはやるけど、きついのはやらないな」とドラッグについてコメントしたかと思うと、「ボディビルダーの中には、体を傷つけることを恐れて、セックスを楽しまなかったり、他のスポーツをしなかったりする連中がいる。俺に言わせれば、そんなのはバカバカしいね。(中略)競技会の前は寝つきが悪いんだ。だったら、ずっと天井を見つめてるより、誰かとやったほうがいいだろう?」などと発言している。

実はこんな発言はまだ序の口。グルーピーとのセックスや乱交パーティー、売春婦との関係や自分のペニスのサイズについてなど、インタビューは危険なコメントだらけ。シュワ本人は、「当時は政治なんて興味がなかったんだ。政治家を目指して人生を送ってきたわけじゃないから、仕方ないじゃないか」と開き直っているというが、この記事がシュワのファンや共和党支持者に衝撃を与えることは間違いない。ちなみに、この記事の全文は、The Smoking Gunで閲覧できる。

また、シュワの父親がナチス・ドイツの国家社会党員であったことも明らかになった。シュワの父、グスタフ・シュワルツェネッガーはオーストリアの小さな村で警察官を務めていたが、38年、オーストリアがドイツに併合されると同時に自動的に国籍をドイツに変更。その時に国家社会党の党員となり、39年にドイツ軍に入隊したという。グスタフが党員としてどのような活動をしたかはまだ明らかにされていないが、シュワの広報担当は、父親は父親、息子は息子であるとして、選挙戦にさほど影響はないとコメントしている。

ちなみに、ベネチア映画祭を訪れているシルベスター・スタローンが、シュワルツェネッガーの州知事立候補について次のように発言した。「(政界というところは)かなり危険な海域だ。映画のように“撮り直し”はできないからね。僕は、俳優は俳優業に徹するべきだと思っている。しかし彼は、ずっと政界に進出したがっていたから、成功するかもしれないけどね」。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi