キャメロン・ディアス、恐喝未遂でカメラマンを起訴 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年8月19日 > キャメロン・ディアス、恐喝未遂でカメラマンを起訴
メニュー

キャメロン・ディアス、恐喝未遂でカメラマンを起訴

2003年8月19日 12:00

人には言えない過去が?

人には言えない過去が?
[拡大画像]

キャメロン・ディアスが無名時代に撮られた写真やビデオテープの公表差し止めを求めていた裁判で、今月4日に公表しないよう命じられていたロサンゼルス在住のカメラマン、ジョン・ラッターが13日、キャメロンに対する恐喝未遂などの罪で起訴された。

検察当局によると、ラッターは92年に撮影した、サイン入りのトップレス写真を所有していると脅し、キャメロンに330万ドル(約4億円)を支払うよう要求したという。さらにラッターはキャメロンのサインを偽造したとして、偽証罪などの罪でも起訴されている。有罪が決まれば、最高6年の禁固刑が言い渡される可能性もある。問題の写真はキャメロンが有名になる10年以上前、モデルとして働いていたころに撮影されたもの。写真はトップレスのものだが、ビデオテープの内容については不明。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi