俳優でタップダンサーのグレゴリー・ハインズが死去 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年8月12日 > 俳優でタップダンサーのグレゴリー・ハインズが死去
メニュー

俳優でタップダンサーのグレゴリー・ハインズが死去

2003年8月12日 12:00

タップダンスの名手として知られるグレゴリー・ハインズが9日、ガンのためロサンゼルスで死去した。57歳だった。

46年2月にニューヨークで生まれたハインズは、兄モーリスとタップダンスのコンビを組み、6歳でアポロシアターの舞台を踏んだ。その後、「ソフィスティケーテッド・レディース」をはじめ数々のブロードウェイ作品に出演した。81年には「メル・ブルックス 珍説世界史PART1」で映画デビュー。フランシス・フォード・コッポラ監督作「コットンクラブ」(84)で注目され、翌85年には「ホワイトナイツ/白夜」でバレエのミハイル・バリシニコフと共演。93年にはブロードウェイ・ミュージカル「ジェリーズ・ラスト・ジャム」でトニー賞を受賞している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi