12年ぶりに帰ってきた!「T3」ご一行日本上陸 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年7月8日 > 12年ぶりに帰ってきた!「T3」ご一行日本上陸
メニュー

12年ぶりに帰ってきた!「T3」ご一行日本上陸

2003年7月8日 12:00

(左より)ローケン、モストウ監督、シュワ「ターミネーター」

(左より)ローケン、モストウ監督、シュワ
[拡大画像]

7月5日の先行上映で好成績を上げ、目下、今夏の大作群でも目玉のひとつとなっている「ターミネーター3」で、主演のアーノルド・シュワルツェネッガーと女ターミネーター役のクリスタナ・ローケン、監督のジョナサン・モストウの3人が来日。7月2日に東京・新宿のパークハイアットで行われた記者会見には、900人の報道陣が詰め掛けた。

会見の冒頭でシュワは、「“I'll be back.”の言葉通りに戻ってきたよ。しかもこの10年、日本に来るたびに“次の『ターミネーター』はいつ?”と訊かれていたので、こうして『T3』とともに来日できて感激だね」と挨拶。さらに、12年ぶりにターミネーターを演じることについて「黒い革ジャンやブーツを身につけるときのスリリングな感覚が嬉しい。黒い革ジャンは私にとって成功のシンボルであり、愛しく思えるよ」と語った。本作で初登場のローケンは「とにかくあのシュワルツェネッガーと戦うことができるのだから、トレーニングに励みました。非人間的なロボットを演じるので精神の訓練もしました」。また、それぞれにお気に入りのシーンを尋ねると、シュワとローケンは「2000ポンドのマシンが繰り広げる重量感あるアクションが見物」と、クライマックスでトイレを舞台にお互いが激しくぶつかりあうファイトシーンを挙げ、監督は「全てのシーンは私の子供のようなもの。自分の子供に差別はできないよ(笑)」とコメントした。7月12日よりロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi