「オーシャンズ12」、12人目の泥棒は誰? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年7月8日 > 「オーシャンズ12」、12人目の泥棒は誰?
メニュー

「オーシャンズ12」、12人目の泥棒は誰?

2003年7月8日 12:00

私も泥棒の仲間入り「オーシャンズ12」

私も泥棒の仲間入り
[拡大画像]

オーシャンズ11」の続編として企画されている「オーシャンズ12」の全貌が明らかになった。前回はラスベガスのカジノが舞台だったが、今度の舞台はヨーロッパ。しかも、ローマ、ロンドン、ベルリンの3都市を舞台に、大きな盗みをはたらくことになるとか。脚本は、第1作と同様テッド・グリフィンが執筆したが、スタジオ側は、ジョン・ウー監督作として温めていたジョージ・ノルフィ執筆の「Honor among Thieves」を、そのまま「オーシャンズ12」の下敷きにすることにした。肝心のスタッフだが、スティーブン・ソダーバーグ監督、ジョージ・クルーニーブラッド・ピットジュリア・ロバーツの復帰が決定。ほかのキャストもほぼ全員復帰するとみられている。なお、タイトルが「オーシャンズ12」だけに、新たに1名強盗が加わることになるが、どうやらこれはジュリア・ロバーツのようだ(前作では、強盗一味には加わっていなかった)。舞台がヨーロッパであるにもかかわらず、製作費は前作と変わらず8500万ドル(約100億円)。主演俳優たちは、前作よりもさらに大幅の給料カットを迫られる。撮影は04年2月からローマで開始。全米公開は04年の12月の予定だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi