「ハリポタ」作者、「本当は魔法を信じていない」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年7月1日 > 「ハリポタ」作者、「本当は魔法を信じていない」
メニュー

「ハリポタ」作者、「本当は魔法を信じていない」

2003年7月1日 12:00

21日に英米で発売された「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(仮)」の出版記念講演会が、26日、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで開催され、作者のJ・K・ローリングが世界中の子供たちとの質疑応答に応じた。

ローリングは「本当は魔法を信じていない。イマジネーションや愛の魔法は信じてるけど、魔法の棒を振って何かが起きることはない」と冷静にコメント。「どんな魔法が欲しい?」との問いには、「透明人間になる魔法」と答え「ちょっと寂しいかもしれないけれど、透明になったらカフェに行って、1日中、本を書いてると思う」と述べた。また、鏡を覗き込んだ人の願望が映し出される“みぞの鏡”で何を見たいか聞かれると、「ハリーと同じように母親に会いたい」と答えた。ローリングの母親は90年に他界している。

さらに「大人になったハリーを描く予定はあるの?」との質問には、「ハリーが生きて大人になるかどうか、これから分かるわ。ハリーが死ぬと言ってるわけじゃないけど、これ以上はナイショ」と回答し、講演会に参加した4000人の子供たちを驚かせた。

この講演会の模様は、特設サイトを通じて全世界にインターネット中継された。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi