キャサリン・ヘップバーンが死去 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年7月1日 > キャサリン・ヘップバーンが死去
メニュー

キャサリン・ヘップバーンが死去

2003年7月1日 12:00

アカデミー主演女優賞に4度も輝いた大女優キャサリン・ヘップバーンが29日午後、米コネティカット州の自宅で死去した。96歳だった。死因は老衰とみられている。ヘップバーンは近年、パーキンソン病などを患っていた。

ヘップバーンは、医師の父親と女性人権活動家の母親のもと、6人兄弟の2人目の子どもとして生まれた。大学卒業後に立ったブロードウェイで舞台女優として認められ、映画界に進出。「勝利の朝」(34)「招かれざる客」(67)「冬のライオン」(68)「黄昏」(81)で、アカデミー主演女優賞を受賞した。オスカー4度受賞の記録はいまだ破られていない。受賞も含めるとアカデミー賞へは合計12回ノミネートされており、メリル・ストリープが今年13回目のノミネートを受けるまでは過去最多だった。

「女性ナンバー1」(42)で初共演して以来、9本の映画で共演したスペンサー・トレイシーとのロマンスは有名で、トレイシーが67年に死去するまでの27年間、公私ともに親密な関係を続けていたが、トレイシーに妻子があったため結婚はしなかった。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi