「マトリックス」続編から降ろされた「タンク」が提訴 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年5月27日 > 「マトリックス」続編から降ろされた「タンク」が提訴
メニュー

「マトリックス」続編から降ろされた「タンク」が提訴

2003年5月27日 12:00

お陰でラッキー「マトリックス」

お陰でラッキー
[拡大画像]

マトリックス」にタンク役で出演していたマーカス・チョンが、「マトリックス」の製作スタジオとプロデューサーを訴えた。「リローデッド」と「レボリューションズ」にはタンクは登場せず、「リンク」という新キャラクター(写真)に取って代わられている。変更の背景にはチョンが法外な出演料を要求したことがあるようだが、チョンは契約違反だとして損害賠償を求めている。

大ヒット映画の続編が作られることになると、出演者のギャラを巡ってトラブルが起きることは珍しくない。有名な例では、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」で父親役を演じたクリスピン・グローバー。出演交渉でもめた結果、ロバート・ゼメキス監督はグローバーのそっくりさんを起用。さらに、第1作で未使用のグローバーの映像を続編に使用したことから、訴訟問題に発展したが、その後、和解している。

(C) 2002 Warner Bros. All Rights Reserved. (C) 2002 Village Roadshow Films (BVI) Limited

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi