ここにもSARSの暗影。「ダブル・ビジョン」来日会見 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年4月8日 > ここにもSARSの暗影。「ダブル・ビジョン」来日会見
メニュー

ここにもSARSの暗影。「ダブル・ビジョン」来日会見

2003年4月8日 12:00

奥菜恵とチェン・クォフー監督「ダブル・ビジョン」

奥菜恵とチェン・クォフー監督
[拡大画像]

台湾出身のチェン・クォフー監督のもと、主演に「愛人/ラマン」で国際的に知られる香港のスター、レオン・カーファイと、アメリカから「グリーンマイル」「ダンサー・イン・ザ・ダーク」の名バイプレイヤー、デビッド・モースを迎え、東西の才能を混合して生まれたサイコ・サスペンス「ダブル・ビジョン」。4月8日、監督のチェン・クォフーが来日し、東京・銀座はヤマハホールにて会見を行った。「現実では起こり得ない事件を描く“スリラーというジャンル”イコール“映画”といえる」と語るほどスリラーが好きな監督は、「東洋の文化を漂わせた独特のスリラーが撮りたかった」と製作の動機を語った。会場には「呪怨」主演の奥菜恵が花束贈呈に駆け付け、「ミステリー、ホラー、そして感動と、様々な要素が入った新しい感覚の作品で、とても引きこまれました。謎解きの快感もあり、1回観たらあと3回観たくなります」と本作の魅力をPRした。

なお、本来は主演のレオン・カーファイも来日予定だったが、香港では新型の肺炎SARSが蔓延しているために出入国が難しく、来日を断念。「父親として夫としての責任から、この困難な時期に香港に留まることを選択しました」と声明を発表。また、同じ声明文の中でレスリー・チャンについて「私の友であり、仕事上の仲間でした。彼の死は大きな喪失であり、私個人も大変哀しんでいます」と語った。「ダブル・ビジョン」は5月24日より、シネマスクエアとうきゅうほかにて公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi