グウィネス・パルトロウが自分の出演作を批判 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2003年4月1日 > グウィネス・パルトロウが自分の出演作を批判
メニュー

グウィネス・パルトロウが自分の出演作を批判

2003年4月1日 12:00

話題は私生活のことばかり「恋におちたシェイクスピア」

話題は私生活のことばかり
[拡大画像]

恋におちたシェイクスピア」でアカデミー賞主演女優賞を受賞して以来、ヒットから遠ざかっているグウィネス・パルトロウ。キャリア的にも順風満帆とはいえず、「めぐりあう時間たち」に出演を志願するも、ジュリアン・ムーアに役を奪われたのは有名な話。そんなうっぷんがよっぽどたまったのか、なんとグウィネスが自らの出演作「A View from the Top(頂上からの眺め)」をこき下ろしたという。彼女がスチュワーデスを演じる同作は、同時多発テロを理由に公開が先送りになっていた。先週やっと公開されたにもかかわらず、成績は芳しくない。グウィネスはこの作品がお気に召さないらしく、撮影当時から非協力的で、完成した映画を観ても「A View from My Ass(私の尻からの眺め)」などとこき下ろしているとか。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi