来日した「ブルース・リーの生まれ変わり」を直撃! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2002年4月23日 > 来日した「ブルース・リーの生まれ変わり」を直撃!
メニュー

来日した「ブルース・リーの生まれ変わり」を直撃!

2002年4月23日 12:00

“生まれ変わり”って、 年齢が合わないのでは?「ドラゴン怒りの鉄拳」

“生まれ変わり”って、
年齢が合わないのでは?
[拡大画像]

ブルース・リー生誕60周年記念映画「フィスト・オブ・フューリー」公開直前の17日、主演の石天龍が来日し、京王プラザ(東京・新宿)にてeiga.comのインタビューに応じた。

本作はブルース・リーの出世作「ドラゴン怒りの鉄拳」の続編ということになるが、プレッシャーはなかったのだろうか。その点について「私はブルース・リーの生まれ変わりです。私はジークンドーの精神を世界中に広めなければなりません。ですから、この映画に出演することには何の気後れもありません」とのっけから堂々としたコメント。思い込みもここまでくると大したものである。次第に饒舌になる彼は語るだけでは飽き足らなくなり、狭い室内で李三脚(3回後ろ回し蹴り)を連発する始末。関係者がハラハラする中、「撮影の時、足を骨折してね。この怪我がなければこのような華麗な回しげりを披露することができたのに」と、鼻をチョンとこするブルース・リー独特のしぐさを見せながらコメントした彼だが、後で聞いた話によると、撮影時に怪我をしたのではなく撮影直前にホテルで転倒して足を骨折したらしい。石天龍、大物の予感。

その後の石天龍の足取りだが、公開初日イベント終了後には、歌舞伎町の居酒屋カラオケで「人間の証明のテーマ」を熱唱、2日目には新宿のオカマバーでカンフーを披露したりと、初来日を存分に楽しんでいたようだ。「フィスト・オブ・フューリー」はシネ・リーブル池袋にてレイトショー公開中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi