リュック・ベッソン、自身の製作会社の日本法人設立。極秘映像も披露! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2002年4月23日 > リュック・ベッソン、自身の製作会社の日本法人設立。極秘映像も披露!
メニュー

リュック・ベッソン、自身の製作会社の日本法人設立。極秘映像も披露!

2002年4月23日 12:00

<左より>ピエランジュ・ル・ポギャム顧問、 リュック・ベッソン会長、野口照彦社長「TAXi(3)」

<左より>ピエランジュ・ル・ポギャム顧問、
リュック・ベッソン会長、野口照彦社長
[拡大画像]

リュック・ベッソン率いるフランスの映画製作会社ヨーロッパ・コープと、日本のアスミック・エース、角川書店、住友商事、三菱商事の共同出資により、「ヨーロッパ・コープ ジャパン」が設立されることになった。同社は、今後企画・製作されるヨーロッパ・コープ作品の日本での全権利を保有し、アスミック・エースを通じて劇場公開、ビデオ・DVDの発売を行っていくほか、ベッソン共同プロデュースによる日本映画の製作も視野に入れている。気になるラインナップは、今年秋以降の公開となる「TAXi3」、全米公開も決定しているアクション大作「The Transporter」、本年度カンヌ映画祭出品作「天使の肌(原題)」をはじめ、今後9カ月間に17本をリリースする予定だ。

4月22日には、日比谷・帝国ホテルで設立発表会が行われ、同社の会長を務めるリュック・ベッソンも出席。「日本もフランスも独自の優れた文化を持った国。だからこそ互いを尊重し、共同で素晴らしいことができると信じている」と、日本への敬意とともに設立を迎えた喜びを語った。また当日は、自身のスタジオであるデジタル・ファクトリーで製作を進めているCGアニメ「ARTHER」の映像を特別に披露したほか、広末涼子主演「秘密」のリメイク(ハリウッドでの映画化を企画中)についても言及し、自らの監督作についての明言は避けたものの、同社の今後を大いに期待させる内容となった。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi