阪本順治監督最新作、金大中事件の“真実”を描く「KT」完成! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2002年2月12日 > 阪本順治監督最新作、金大中事件の“真実”を描く「KT」完成!
メニュー

阪本順治監督最新作、金大中事件の“真実”を描く「KT」完成!

2002年2月12日 12:00

(左より)原田芳雄、ヤン・ウニョン キム・ガプス、佐藤浩市、阪本順治監督「KT」

(左より)原田芳雄、ヤン・ウニョン
キム・ガプス、佐藤浩市、阪本順治監督
[拡大画像]

73年8月8日に起きた金大中氏(現・韓国大統領)拉致事件──この、日韓のタブーともいえる事件の封印された“真相”を大胆な解釈で描いた、日韓合作の問題作「KT」がついに完成した。2月5日には東京・有楽町のよみうりホールにて完成披露試写会が行われ、上映前の舞台挨拶にメガホンを取った阪本順治監督、日韓の主要キャストである佐藤藤浩市、キム・ガプス、ヤン・ウニョン、原田芳雄が顔を揃えた。

「『隣国の大統領の話なんて誰も観ない』とまで言われた企画をこうして完成させることができて、本当によかった」と、喜びを語ったのは阪本監督。阪本作品の常連ながら、自衛隊の諜報活動員・富田役が初の主演となった佐藤は「内容的には、こういった映画があってもいいと思えるはず」と語り、また、韓国の諜報員を演じるキム・ガプスも「脚本を読んだときは驚いたが、今は素晴らしい作品に参加できてよかったと思う」と、作品への自信をうかがわせた。

ベルリン国際映画祭コンペティション部門へ正式出品される同作、「コンペじゃなく“コンパ”に行ってくるつもり(笑)」とは阪本監督の弁だが、その結果にも期待したい。5月から、新宿シネマスクエアとうきゅうほかにて全国ロードショーされる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi