スタローン、「ドリヴン」ひっさげ5年ぶりの来日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2001年8月7日 > スタローン、「ドリヴン」ひっさげ5年ぶりの来日
メニュー

スタローン、「ドリヴン」ひっさげ5年ぶりの来日

2001年8月7日 12:00

左から、ティル・シュワイガー、 スタローン、キップ・パルデュー「ドリヴン」

左から、ティル・シュワイガー、
スタローン、キップ・パルデュー
[拡大画像]

93年の「クリフハンガー」に続いて2度目のコンビとなるレニー・ハーリン監督&シルベスター・スタローンが放つ、ド迫力のカーアクション大作「ドリヴン」。8月6日、スタローンと共演のキップ・パルデューティル・シュワイガーがパークハイアット東京にて記者会見を行った。

本作で主演と脚本を担当したスタローン。シナリオは実に26回のリライトを行い、全部で4000ページにも達したという。「最初の脚本では、自分が物語の中心過ぎたから書き直した。自分ほどの年齢の男にとっての使命は、自分の持つものを次の世代へ伝えることだと思ったんだ。親が子にそうするようにね」。そしてその言葉通り、スタローンは実生活でも若い世代をサポートする側に回りたいと考えているようだ。「監督業をやっていきたい。50歳にもなると主役のプレッシャーは相当なものでね」。また、スタローンは94年に事故死したアイルトン・セナに捧げるためにこの脚本を執筆していたこともあって、当初はF1が舞台だったのだが、結局金銭面などのハードルによって実現しなかった。「でもカートのほうがスピードは速いし危険が多い。撮影の自由度も高かったので、結果的にはよかったよ」

さて、実生活で彼らはどんなドライバーなのだろう? パルデューは自分を「平凡なドライバー」だと語る。「でもこの映画でアドレナリン・ジャンキーになったから、今持ってるステーション・ワゴンをポルシェに買い替えるかも (笑)」。そしてドイツ人のシュワイガーは「昔はアウトバーンでスピードを出したりもしたけど、今は子供がいるから自重している」そうだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi