「ハンニバル」の暴力描写、スタジオが観客に警告 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2001年2月6日 > 「ハンニバル」の暴力描写、スタジオが観客に警告
メニュー

「ハンニバル」の暴力描写、スタジオが観客に警告

2001年2月6日 12:00

芸術を解さない輩にはうんざりだ「ハンニバル」

芸術を解さない輩にはうんざりだ
[拡大画像]

アメリカでは最近、エンタテインメント業界への風当たりが強くなっている。もっとも大きな批判は、暴力やセックス描写など大人向けの内容で未成年者を搾取している、というものだが、こうした傾向に対し「ハンニバル」をリリースするMGMは対抗策に出た。映画宣伝用のプレスキットやオフィシャルサイトで、「ハンニバル」はR指定であり、17歳以下の観客に向けたものではないと必死にアピールしている。なるほど、アメリカのオフィシャルサイトにも、「強烈でグロテスクな暴力描写、ヌード、そして下品な言葉のためR指定」というロゴがしっかりと入っている。しかしメディアの暴力に批判が集まる中で、「ハンニバル」が挑発的な映画であることは確か。公開後、規制派の政治家たちがどんな動きを見せるか注目したい。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi