メル・ギブソン、プロデュース作を自ら批判 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2000年10月24日 > メル・ギブソン、プロデュース作を自ら批判
メニュー

メル・ギブソン、プロデュース作を自ら批判

2000年10月24日 12:00

メル・ギブソンは、新作「ハート・オブ・ウーマン (原題:What Woman Want)」のオーストラリアでの記者会見の席上、ビム・ベンダース監督の「ミリオンダラー・ホテル」の感想を聞かれ、「馬のケツ並に退屈」と述べた。実はこの映画、メル・ギブソンが経営者の1人でもあるアイコン・エンターテインメントがプロデュースした作品であり、プロデューサーが自作を公然と否定するのは極めて異例のこと。その素直なコメントに記者からは笑いと拍手が起きたらしいが、配給する側にとってみればたまった話ではないだろう。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi